デビルマン
(加筆・再構成版)
COMENT  発表から15年を経て加筆・再構成されたデビルマンがハードカバーの豪華愛蔵版として登場した。この年には原作版デビルマンがオリジナルビデオ(監督:飯田つとむ)として発売もされ,デビルマン再ブームの年であった。加筆や新デビルマンの内容を本編に織りこんだ再構成に関しては賛否両論あるようだが,15年経ったからこそさらにメッセージしたかったことが作品に加えられたのであり,私は肯定派である。今後発売されるコミックは基本的にこのこの版となっている。

豪華愛蔵版<4-6判>全5巻 (講談社・コミックス)1987

講談社漫画文庫<文庫判>全5巻 (講談社・コミックス)1997

初版第2巻の表紙カバー(風忍による)は
著者の希望により以下に新装丁にされた。

ダイナミックボックス<B5判>全1巻 (双葉社)2000年11月7日

英語タイトルは「Devil Man」と2単語に分かれた表記。 総ページ1138p,本編1062p,扉絵集70p(紛失2点以外全収録!)
バイリンガルコミックス<B6判>全5巻 (講談社インターナショナル)2002

Jeffrey Playfordによる英語が本文に配置されているが,枠外に日本語もありバイリンガルコミックスとなっている。これ以降英語タイトルは「Devilman」と1単語となり、もはや「デビルマン」は認知された造語となった。日本のコミックス形式どおり右綴じなので,外人には読みにくいだろうけど,鏡面像じゃない内容が読めるのはうれしいだろうね。

プラチナコミックス<B6判>全3巻 (講談社)2004

デビルマン誕生
2004.9.15

シレーヌ対デビルマン
2004.10.6

デビルマンVS悪魔最終戦争
2004.10.27

愛蔵版 KCデラックス<B6判>全1巻 (講談社)2008.1.7

全1064p
新装版 講談社漫画文庫<文庫判>全4巻 (講談社)2009

改訂版KCデラックス<B6判>全4巻 (講談社)2012

画業50周年愛蔵版 ビッグコミックススペシャル<B6判>全5巻 (小学館) 2017

次へ(デビルマン関連出版物)
デビルマンタイトルページへ戻る
ジャンル別一覧にもどる