桜多吾作版マジンガーZ
COMENT  桜多版マジンガーZはホントに度肝を抜かれるというか,グッとくるんだよなぁ‥‥人間臭くて。甲児くんはやさしい気弱などこにでもいる男の子で,戦うことにもウジウジ悩んだりする。おまけにドクターヘルの半生を綴った話もあり,とことんリアリズムを追求した独自の世界である。絵はやっぱり豪ちゃんのほうが好きだけど。

「別冊少年ジャンプ」(集英社) 1972年12月号〜1973年10月号→別冊ジャンプへ
「少年ジャンプ増刊号」(集英社) 1973年4/10号,8/10号→ジャンプ増刊へ
「冒険王」(秋田書店) 1973年10月号〜1974年9月号→冒険王
「冒険王増刊号」(秋田書店) 1974年お正月大増刊号,1974年 夏休み大増刊号
冒険王別冊映画テレビマガジン」(秋田書店) 1973年9月号〜1974年2月号
「ディズニーランド」(講談社) 1973年1月号〜1974年9月号→ディズニーランドへ
「おともだち」(講談社) 1973年1月号〜1974年10月号→おともだちへ

テレビコミックス(冒険王ふろく)

1973.12月号

1974.4月号

SUNDAY COMICS 全6巻(秋田書店)1974

1,4,6巻は描き下ろし
SUN WIDE COMICS 全3巻(朝日ソノラマ)1987

ACTION COMICS 全5巻(双葉社)1999


マンガショップシリーズ 全3巻(マンガショップ)2012
上巻末には「別冊冒険王 映画テレビマガジン」の連載予告を単行本初収録!!
中巻末には、過去に発売された単行本に一切の掲載例がなかった「別冊冒険王 映画テレビマガジン」の3話分を初収録。初出以来、幻となっていたボスボロット登場エピソードがついに明かされる!!
3巻セット購入特典として「マジンガーZかるた」「桜多吾作読本」あり。



初出一覧
「マジンガーZ誕生」別冊少年ジャンプ

1972(S47)12月号
「消滅作戦」1973年 1月号
「デイモスF3は悪魔の落とし子」1973(S48)2月号
「大回転攻撃」1973(S48)3月号
「飛行魔獣デビラーX1」1973(S48)4月号
「襲撃ストロンガーT4」1973(S48)5月号
「ホリゾンV3」少年ジャンプ増刊1973(S48)4/10号
「ジンライS1」別冊少年ジャンプ1973(S48)6月号
「ホーガスD5」1973(S48)7月号
「マジンガーZ対デビルマン」1973(S48)8月号
「ミネルヴァX」1973(S48)9月号
「カーマK5」1973年10月号
「グラナダE3」少年ジャンプ増刊1973(S48)8/10号
「Dr.ヘルの野望」冒険王



1973(S48)11月号
「マジンガーZ解放戦線」1973(S48)12月号ふろく
「ブローグンG3」別冊冒険王
映画テレビマガジン
1974(S49)1月号
「チップカモイ」冒険王1974年お正月大増刊号
「Dr.ヘル大攻略」1974(S49)1月号
「デスクロスV9」1974(S49)2月号
「ジェノバM9」別冊冒険王
映画テレビマガジン
1974(S49)2月号
「デビルチーフA7」冒険王1974(S49)3月号
「RI計画の秘密」1974(S49)4月号ふろく
「ダモス9とメドルーサエゼン」1974(S49)5月号
「ピグマン子爵」1974(S49)7月号
「マジンガーZ対暗黒大将軍」1974(S49)夏休み大増刊号
「闘え!!Dr.ヘル」描き下ろしSUNDAY COMICS6巻
「Dr.ヘルの最期」冒険王1974(S49)8,9月号

桜多吾作版マジンガーZ
〜海外編〜
COMENT  桜多版マジンガーZはよく輸出されてますねぇ。外人はこっちがオリジナルって思ってるんじゃないでしょうか。そういやGRANATA グレマジも桜多版だな。わかっている海外版マジンガーZは4種類なんですが,一部でも持っているのは2種類で,その両方とも桜多吾作版。香港の「鉄甲萬能侠」はどうなんだろ?情報まつ!なんだけど,こいつは入手できないだろな。

イタリア語版「MAZINGA Z」
MANGA CLASSIC
全11巻 (GRANATA PRESS) 1991


イタリアで出版されたマジンガーZだ!吹き出しはイタリア語に翻訳されたもの。左右逆開きで、印刷も逆。左利きになっているのがポイント。2巻と5巻のみ所有。
台湾版「無敵鐵金剛」
TONG LI COMICS
全7巻 (東立出版) 1999


これが1巻の帯だっ!全巻セットで北波っちから台湾みやげに送られてきた。その重さに涙!友情を越えた愛を感じたゼ。very thanks to 北波っちだっ!「指揮艇組合」ってのは,たぶん「パイルダーオ〜ン!」のことでしょうな。

MAZINGER Z TITLE PAGE