なんでもちイ子
STORY  「ヘイユー,ホワッチュアネーム。マイネームイズ ちイ〜〜〜〜〜〜子先生!とってもとってもハレンチでモーレツエッチなちイ子先生!永井ゴーーーーーーちゃんのエーーーーーーンガチョなお話なのだ!! 」。

  • がんばれスポコンくん! 「週刊少年キング」(少年画報社)1972年1/16〜2/13号に「スポコンくん」で掲載
  • もーれつガリベン!! 「週刊少年サンデー」(小学館)1973年4/22号に「ガリベン」で掲載
  • はれんちレンコンマン!!! 「週刊少年サンデー」(小学館)1973年6/24号に「レンコンマン」で掲載
  • GO!豪!ナンセンス 「週刊少年サンデー」(小学館)1970年3/22〜7/5号に掲載
  • ボーイハンター 「女学生の友」(小学館)1970年8〜9月号に掲載

    SUN COMICS 全1巻 (朝日ソノラマ) 1974


    COMENT  ちイ子先生は,ヒゲゴジラやアルフォンヌにならぶ名キャラで,数々の作品に登場。しかし本コミックに収録された作品も,個々のタイトルがあり,あくまでちイ子先生は主役ではない。その作品を集めて“なんでもちイ子”の名をつけてまとめたサンコミの業績は大きい。本名は「天変地異子」(『おいら女蛮』による)らしい。けっこう仮面の必殺技「おっぴろげジャンプ」は,彼女が『ドロロンえん魔くん』に登場した際開発したものだった。女蛮ではケンカ道場を設立しており,ここには過去トックン学園で特訓されとりこになってしまった3人(スポコン・ガリベン・レンコンマン)が「早くイジメ‥‥いや,きたえてくださ〜い」とおねだりにゲスト(?)出演してる始末。子供の頃のちイ子先生が登場するのは『超マン』で,チャンチャン飯店のひとり娘。この頃はまだ強くなく,チャンクンに気があるのか,従順なかわいい女の子だ。他には『あばしり一家』にも登場。リッキーとは似ているがツノがない。
     長年目にすることがないまま,どんどんバブリープレミアの渦に巻き込まれ,どっかのwebでは¥28,000という法外な価格にまでつりあげられていた中,このページの復活祝いとしてシューターK氏からいただた感謝の一品。永遠にサンキュー!

    ジャンル別一覧に戻る