少年マガジン123
少年ジャンプ
少年チャンピオン
少年サンデー
少年キング
雑誌・ふろく
テレビマガジン
ぼくらマガジン
漫画ゴラク
エロ雑誌
大衆雑誌
COMENTS  永井豪作品の掲載雑誌の世界です。コミックがだいたい揃ってきたころには、ゲットできるブツが少なくなってきます。すると軽〜い気持ちでついつい手を出してしまいドップリハマってしまいます。超膨大です。。。しかもコミックと違って場所をとる!本当に何度豪作品部分だけ切り抜こうとしたことか・・・。しかしできない・・・。出版社別に分けていますが、エロもの・芸能雑誌ものはそれぞれでまとめました。少女雑誌モノもそれでまとめた方がよいかも。頭に○がついているものは所有、×がついているものは募集中。あくまで僕個人の所有雑誌のデータベースということです。雑誌をゲットするのは地方にいると特に難しいので、譲ってくれる方がいましたら大歓迎です。ご連絡お待ちしてます。
講談社
 週刊少年マガジン1968-71

 週刊少年マガジン1971-74

 週刊少年マガジン1974-83

 少年マガジンコミックス
 週刊少年マガジン増刊
 別冊少年マガジン
 月刊少年マガジン

 ぼくら
 週刊ぼくらマガジン
 週刊少女フレンド
 別冊少女フレンド
 なかよし

 テレビマガジン

 ディズニーランド
 おともだち
 たのしい幼稚園
 別冊たのしい幼稚園
 コミックボンボン

 ヤングマガジン
 週刊ヤングマガジン
 別冊ヤングマガジン

 週刊モーニング
 別冊モーニング
 モーニング新マグナム増刊
 月刊アフタヌーン

 マガジンSPECIAL

 月刊マガジンZ

 スコラ
 コミックバーガー

 劇画ゲンダイ

 ショートショートランド
 ホットドッグ・プレス

朝日ソノラマ
 マンガ少年

 獅子王
 宇宙船

実業之日本社
 週刊漫画サンデー

 コミック伝説マガジン
秋田書店
 まんが王
 別冊まんが王
 少年チャンピオン
 週刊少年チャンピオン
 別冊週刊少年チャンピオン
 プリンセス
 ひとみ

 冒険王
 別冊冒険王
 別冊冒険王映画テレビマガジン


 チャンピオンjack

 月刊チャンピオンRED

 プレイコミック
 プレイコミック別冊
   ビッグまんがBooK
小学館
 週刊少年サンデー

 マンガくん
 ビッグコミック
 ビッグコミックスピリッツ
 女学生の友
 フォアレディ
 サウンドレコパル

 学年別学習雑誌
 コロコロコミック

 てれびくん

 週刊ポスト
 女性セブン

少年画報社
 少年画報
 週刊少年キング
 増刊少年キングオリジナル
 週刊少年キング増刊 少年ポピー

日本文芸社
 週刊漫画ゴラク

光文社
 ポップコーン
 ジャストコミック

 少年王

 女性自身
 週刊宝石

東京三世社
 少年/少女SFマンガ
       競作大全集
集英社
 少年ブック
 少年ジャンプ
 週刊少年ジャンプ

 少年ジャンプ増刊
 別冊少年ジャンプ
 月刊少年ジャンプ
 りぼんコミック
 週刊マーガレット

 ヤングジャンプ
 ベアーズクラブ

 週刊プレイボーイ
 月刊プレイボーイ

 週刊明星

 すばる
 コバルト
 ジョーカー

双葉社
 週刊少年アクション

 週刊漫画アクション
 アクションヒーロー
 月刊スーパーアクション

徳間書店
 問題小説
 アニメージュ

 リュウ
 SFアドベンチャー
 月刊少年キャプテン
 BiGゴルフコミック

 マンガボーイズ
角川書店
 バラエティ

 野性時代
 コンプティーク
 
月刊コミックコンプ
 コミックGENKI
 ザ・テレビジョン
 月刊ニュータイプ


学習研究社(学研)
 月刊少年チャレンジ
 週刊少年チャレンジ

 ムー
 マヤ
 コミックビッグゴルフ
 高1コース
 高2コース

旺文社
 中一時代
 高一時代
テレビ雑誌
 冒険王(秋田書店)
 別冊冒険王(秋田書店)
 映画テレビマガジン(秋田書店)

 テレビランド(徳間書店)
 テレビマガジン(講談社)
 てれびくん(小学館)

子供向け雑誌
 学年別学習雑誌(小学館)
  小学年生
 コロコロコミック(小学館)
 ディズニーランド(講談社)
 おともだち(講談社)
 たのしい幼稚園(講談社)
 別冊たのしい幼稚園(講談社)
 コミックボンボン(講談社)
 少年王(光文社)
 マンガボーイズ(徳間書店)
エロ雑誌
 週刊プレイボーイ(集英社)
 月刊プレイボーイ(集英社)
 プレイコミック(秋田書店)
 スコラ(スコラ・講談社)
 コミックバーガー(講談社)
 コミックWoo(サンケイ出版)
 COMICバズーカ(辰巳出版)
 平凡パンチ(マガジンハウス)
 サンジャック(鎌倉書房)
 ヤングマン(三和出版)

芸能&大衆雑誌
 サンデー毎日(毎日新聞社)
 週刊読売(読売新聞東京本社)
 劇画ゲンダイ(講談社)
 週刊サンケイ(産経新聞社)
 週刊ポスト(小学館)
 週刊小説(実業之日本社)
 婦人生活(婦人生活社)
 週刊明星(集英社)
 女性自身(光文社)
 女性セブン(小学館)
 ヤングレディ(講談社)
 週刊宝石(光文社)
 週刊SPA!(扶桑社)
 週刊文春(文藝春秋)

文藝誌
 週刊文春(文藝春秋)
同一出版社の雑誌でもバーで仕切られたものは別ページになっております。 (まとめると1ページが膨大になるため分けております)

雑誌コーナー特別企画!
雑誌内での豪ちゃんの名前がつくコーナーを集めました!!

その他の雑誌(このページ内リンクです)
  • COM(虫プロ)
  • ベストコミック(虫プロ)
  • ファニー(虫プロ)
  • ガロ(青林堂)
  • キネマ旬報(キネマ旬報社)
  • シナリオ(シナリオ作家協会)
  • 歴史読本(新人物往来社)
  • アズ AZ(新人物往来社)
  • 希望の友(潮出版社)
  • 月刊少年ワールド(潮出版社)
  • 問題小説(徳間書店)
  • アニメージュ(徳間書店)
  • リュウ(徳間書店)
  • SFアドベンチャー(徳間書店)
  • 月刊少年キャプテン(徳間書店)
  • BiGゴルフコミック」(徳間書店)
  • マンガ少年(朝日ソノラマ)
  • 獅子王(朝日ソノラマ)
  • 宇宙船(朝日ソノラマ)
  • フォーライフ(フォーライフ社)
  • AViC(リットーミュージック)
  • 小説中公(中央公論社)
  • 面白半分
  • 話の特集
  • 月刊ウイークエンドスーパー(セルフ出版)
  •  
  • 月刊映画少年(白夜書房)
  • Eiga Guide 映画ガイド(蒼竜社)
  • すばる(集英社)
  • コバルト(集英社)
  • 本の窓(小学館)
  • ジョーカー(集英社)
  • S-Fマガジン(早川書房)
  • 別冊奇想天外(奇想天外社)
  • スターログ(ツルモトルーム)
  • BOX(ダイヤモンド社)
  • ショートショートランド(講談社)
  • (潮書房)
  • 宝島(JICC出版局)
  • 週刊少年宝島(JICC出版局)全11冊
  • ホラーハウス(大陸書房)
  • AVクリップ(技術評論社)
  • プリンツ21(プリンツ21)
  • コミックガンマ(竹書房)
  • コミックアルファ(メディアファクトリー)
  • 週刊漫画サンデー(実業之日本社)
  • コミック伝説マガジン(実業之日本社)
  • ホットドッグ・プレス(講談社)
  • BRUTUS(マガジンハウス)
  • 週刊ファミコン通信(アスキー)
  • コミックヨシモト(ヨシモトブックス)

  • 虫プロ「COM」9冊‥‥1967(昭42)1月創刊〜 1971(昭46)12月号。1973年8月号の1号のみ復刊あり。2011年9月20日『COM 〜40年目の終刊号〜』が書籍として発売。
    ○1967(昭42) 1月創刊号「夢 まんが家アシスタント」コーナーにて“永井清”で紙面初登場!? →北波ッチが詳しく解説しているゾ!
    ほんとは潔だけどね。

    ○1967(昭42) 6月号「アシスタントとその実情」コーナーにてやはり“永井清”で登場(本名は潔だが2回にわたり清となっており誤植ではなさそう)。
    ○1968(昭43) 4月号「ふぁんたじいわらうど」
    ○1968(昭43) 5月号「いざり市物語」8P
    ○1968(昭43) 7月号「展覧会の絵」
    ○1968(昭43) 9月号「ラ・サムライ」
    ○1968(昭43)10月号「会心作」
    ○1969(昭44) 1月号「目明しポリ吉 予告強盗の巻」
    ○1969(昭44)11月号「章ちゃんと豪ちゃんのまんが師弟対談 まんがは技術+努力で勝負しろ!」5p(豪ちゃん写真3枚)
    巻末近況「十月六日、『11PM』に出演した豪ちゃん。『お若いですねえ、少年のようですね』なんていわれながらも、大橋巨泉を向こうにまわし(?)一席ブッた!」
    ○1971(昭46) 7月号「やっこらショ」異色スポーツギャグと紹介されている。
  • 虫プロ「ベストコミック」2冊所有
    ○1971(昭46) 8月号「キッカイくん」表紙一部 32p/ポチが金玉の大きくなる薬を発明。
    ○1971(昭46) 9月号「くずれる」掲載
  • 虫プロ「ファニー」‥‥虫プロ発行の少女漫画雑誌!
    ○1969(昭44) 5月号創刊号「ファニーボーイ」8p(読み切り)浅井ゆきおとの共作。

  • 青林堂「ガロ」<B5判>1冊所有‥‥1964年創刊
    ○1996(H8)3月号(通巻373)「追悼ガロ初代編集長・長井勝一」永井豪寄稿イラスト1/2p

  • キネマ旬報社「キネマ旬報」<B5判>3冊所有‥‥1919年創刊
    ×1983(S58)12月上旬号 N0.874
    ○1985(S60)8月上旬号 N0.917 特集レディ−ホ−ク「見事なロマンチックム−ビ−の誕生」永井豪
    ×1986(S61)8月上旬号 N0.942
    ×1986(S61)9月上旬号 N0.943 特集「エイリアン2」永井豪
    ○1988(S63)4月上旬号 N0.982 特集「アボリアッツ国際ファンタスティック映画祭報告」4p
    ○1989(H1) 9月下旬号 創刊70周年記念特別号「思い出の1本の映画『キンドレッド』永井豪」1p

  • シナリオ作家協会「シナリオ」<A5判>1冊所有
    ○1971(昭46) 3月号「永井豪氏への38の質問」6p,「ハレンチ学園あれこれ」丹野雄二(映画監督),「馬鹿々々しいことの意味」近藤伯雄(東京12チャンネル・テレビ・ディレクター),映画「ハレンチ学園」(日活)シナリオ(山崎巌,鴨井達比古)28p

  • 新人物往来社「歴史読本」1冊所有‥‥1952年創刊
    ○1984(S59)11月「歴史読本スペシャル8 特集:天皇家なぜなぜ百貨店」特別増刊11「歴史ショート・ショート 異形信長(永井豪)」
    ×1987(S62)8月号「歴史読本」エッセイ「わが内なる闇の魔物たち」
    ×1989(H1)12月増刊「歴史読本臨時増刊」座談会「逢魔が時に鬼が出る」渡辺えり子・早川光
    ○1990(H2)5月特別増刊号「歴史読本 SPECIAL30」 <マンガ> 禁断の古代史書「古史古伝」
  • 新人物往来社「アズ AZ」1冊所有‥‥1987年8月創刊(季刊)〜1995年3月号No.35休刊
    ○1988(S63)No.3(2/14)対談「<鬼>が開いた超常現象の扉」永井豪vs南博 6p/手天童子執筆時の霊体験、奥様、ラスベガス、鬼子母神。

  • 潮出版社「希望の友」未所有‥‥1978年創刊
    ×1971(昭46)7月号「豪ギャグ タマくんタマちゃん」永井豪+岩沢友高 ダイナミックプロダクション扉4色
  • 潮出版社「月刊少年ワールド」1冊所有‥‥1978年「希望の友」から改題。1980年に「コミックトム」、1998年に「コミックトムプラス」と改題を続け2001年に休刊。
    ○1979(昭54)12月号「思い出のK君」扉4色32p/シリーズ『私の出発』の第8弾として読み切り掲載

    収録単行本
     永井豪SF傑作集8巻(講談社)1978
     新デビルマン KCS(講談社)1987
     永井豪自選集 ナンセンスSF編(朝日ソノラマ)1992
     魔神全書(双葉社)2002にも一部特集あり。

  • 双葉社「週刊少年アクション」7冊所有(創刊1975年〜休刊1976年全28冊発行)
    ○1975(昭50)#1(9/8)創刊号 特集「夏休みバンザイ!!」豪ちゃんの夏休み2p/SFタッチの夏の夢物語。
    チェンジ!さぶ(6冊所有/全8話)1976(昭51)5/17〜8/23号掲載
    ○1976(昭51)#10(5/17)「チェンジ!さぶ」
    新連載・表紙巻頭4色 新連載・表紙巻頭4色
    ×1976(昭51)#11(5/31)「チェンジ!さぶ」
    ○1976(昭51)#12(6/14)「チェンジ!さぶ」20p/陰粘団にからまれたユリとさぶ、ユリの強気で全面戦争に!
    表紙一部
    <永井豪>アシスタントのA君の結婚式が広島であって、式に行き仕事もしてきたよ!!
    <石川賢>新婚旅行をかねて、バリ島に行ってきたよ。青い海の中でぞんぶんに泳いだ。
    <蛭田充>新しいアシスタントがはいってとても助かっている。とてもいい人なんだ。
    ○1976(昭51)#13(6/28)「チェンジ!さぶ」表紙一部
    ○1976(昭51)#14(7/12)「チェンジ!さぶ」表紙一部
    ×1976(昭51)#15(7/26)「チェンジ!さぶ」表紙一部
    ○1976(昭51)#16(8/9)「チェンジ!さぶ」大反響!興奮と笑激のヌードロマン
    表紙・巻頭4色 表紙・巻頭4色
    ○1976(昭51)#17(8/23)「チェンジ!さぶ」最終話20p/さあ、行くぞ!陰粘団と決戦だ!!
    ×1976(昭51)#19(9/20)休刊号 魔獣戦線。永井豪作品は収録なし。


  • 双葉社「週刊漫画アクション」4冊所有
    ○1981(昭56)11/5号「人気漫画家競作シリーズ 私の故郷19 永井豪」石川県輪島市の美しい海の思い出のイラスト。
    ●能登半島の突端にあるこの輪島に,昭和27年の7月半ば,7才10カ月まで住んでいた。モグリの,とくいな海女の子らが,ヤス一本で魚を突いている。ボンヤリ見ているボクの頭に,いきなり突いたばかりの,でっかいカニがのっけられて,アワをくった日が青々とした,美しい海とともに思い出に残っている。東京に移ってから,30年ちかくになるが,まだ一度も故郷に帰っていない。帰ってみたい,そんな思いのする,今日このごろです‥‥。
    ×1982(昭57)11/28号「快ケツ婦警さん」
    ○1985(昭60)5/29号「先セーション」25p/美女子大学ふぞく中学校英語教師・所将太34歳、悩みは生徒の発情?
    巻頭4p2色
    ○1985(昭60) 6/5号「先セーション 後編」25p/悶々とした女子中教師の悩み第2弾!
    巻頭4p2色
    ○1985(昭60) 9/4号 アクション創刊19周年スペシャル「先セーション」24p/夏休みの家庭訪問で待っているものは…。
    巻頭4p2色

    キューティーハニー天女伝説 2001(H13)8/21・28号〜2003(H15)7/29号(全95話)→別ページに掲載


  • 双葉社「週刊漫画アクション増刊号」
    ○1999(H11)1/14「真ゲッターロボ総集編」
    「ゲッターロボG ブライ誕生」(描き下ろし)50p(見開き扉巻頭4p4色)
     解説「ゲッターロボ」ストーリー6p
    「ゲッターロボVSゲッターロボG」40p
     解説「ゲッターロボ號」ストーリー6p
    「真ゲッターロボ 新たなる戦い」50p
     解説「空白の15年をつなぐ MISSING LINK 〜ロボと號の間〜」4p
    「真ゲッターロボ ファーストコンタクト act I」50p
    「真ゲッターロボ ファーストコンタクト act II」50p

  • 双葉社「月刊スーパーアクション」(1冊所有)1983(昭和58)6月号に創刊。
     週刊漫画アクションの増刊号で SF 作品を中心に掲載していた「スーパーフィクション」が独立した月刊誌。
    ○1985(昭和60) 1月号(VOL32)対談<千秋の部屋 第4回>4p「僕はね,二次元コンプレックスのハシリなんですよ。」

  • 徳間書店「問題小説」(1967年10月創刊)1冊所有
    ×1974(S49) 8月号「イシャシャン」医師会に問題を投じる!
    ○1974(S49) 9月号「イシャシャしゃん」歯科医師会に問題を投じる!
    ×1974(S49)10月号「イシャシャしゃん」獣医師会に問題を投じる!
    収録コミック「永井豪自選集 ナンセンスSF編」SUN SPECIAL COMICS (朝日ソノラマ)1992

  • 徳間書店「アニメージュ」(1978年7月号創刊)3冊所有
    ○1986(S61) 6月号  創映新社・社長吉田尚剛さんにきく「動き出したバイオレンスジャック」4色1/2p
    「夢の共演 第1回妖怪グランプリ」えん魔くん、雪子姫、デビルマン、妖獣ララ
    「ファンドラ PARTII」オリジナルビデオ発売批評
    ○1986(S61) 7月号  「'70年代“スーパーヒーロー”とはいったいなんだったんだ!?」
     ACT I '70s' ALL SUPER HEROES
      大森英敏、岡本英郎、大張正己によるイラスト
     ACT III 70年代を象徴するふたつのスーパーヒーロー史
    「バイオレンスジャック ACT1ハーレムボンバー編」4色
    「永井豪 鬼と悪魔のファンタジー」告知1p
    ○1986(S61) 8月号 よみがえる永井豪世界 ビデオ化なる「大魔神我」「デビルマン」4色2p
    「バイオレンスジャック 番外編VOL.1」オリジナルビデオ発売批評
    「魔女っ子アニメ大発展史」魔女っ子チックル

  • 徳間書店「リュウ」(1979年5月号創刊〜1986年7月号休刊)4冊所有
     アニメージュ増刊として創刊したSFコミックス。
    ○1979(昭54)9/20 (VOL.2) 対談「幻魔大戦を語る」平井和正&石森章太郎&永井豪14p
    ○1979(昭54)11/30 (VOL.3)「永井豪の幻魔大戦〜アートギャラリー〜」カラーピンナップ2種
    ○1980(昭55)9月号 (VOL.7) 「マーダー」掲載
    ○1981(昭56)12月号 (VOL.9) Xボンバー監督インタビュー5p,「5000光年の虎」新連載24p

     
  • 徳間書店「SFアドベンチャー」15冊所有
    「Fantastic World」‥‥これが永井豪の絵?と思わせる試作品的SFイラスト。毎号表紙と3ページのみだが、今でいうと寺沢武一調のとっても美しい色彩がみもの。風忍との共作クレジットで,はっきりいって風ワールド。創刊号ではB3版の永井豪描き下ろしカラーポスタープレゼントという企画があった。
    #1(創刊号)

    1979(昭54)
    春季号
    #2

    1979(昭54)
    夏季号
    #3

    1979(昭54)
    10月号
    #4

    1979(昭54)
    12月号
    #5

    1980(昭55)
    2月号
    #6

    1980(昭55)
    4月号
    4

    ×1982(昭57) 3月号「幻魔シリーズ イメージイラスト」
    ○1982(昭57)10月号 異色ショートショート「悶、悶、モスラ」4p(文のみ、イラストは渡辺和博)
    ○1983(昭58) 7月号 2ページエッセイ日々快感「新婚あつあつもラクじゃない」イラスト1点
    〇1983(昭58) 8月号「山田正紀の世界 image illustration <地球・精神分析記録>より」イラスト2p。座談会12p 山田正紀・永井豪・川又千秋・高千穂遥。

    「超能力戦士(サイコ・アーマー)ジェネス」‥‥兄・永井泰宇との共作コミックノベル
    ○1983(昭58)10/5「SFアドベンチャー増刊 SPECIAL ISSUE 平井和正の幻魔宇宙II」第1話「プロローグ 異魔(ドライD)」
    見開き扉絵
    ○1984(昭59) 2月(#51)「SFアドベンチャー」第2話
    ○1984(昭59) 3月(#52)「SFアドベンチャー」第3話
    ○1984(昭59) 4月(#53)「SFアドベンチャー」第4話
    ○1984(昭59) 5月(#54)「SFアドベンチャー」第5話‥‥やっぱり尻切れです。

    ○1986(昭61)11/25「SFアドベンチャー増刊 夢枕獏vs菊地秀行ジョイントマガジン 妖魔獣鬼譚」
     特別対談「菊地秀行 vs. 永井豪」闇の美学に首ったけ!(16p)長い対談です。ホラー映画中心にお互いの作品観を語り合ってます。
    ×1989(平1) 4月号「"手塚漫画"は私の"血肉"」

  • 徳間書店「月刊少年キャプテン」20冊所有
    ゲッターロボ號(19冊所有/全28話)1991(H3)2月号〜1993(H5)5月号
    ○1991(平3) 2月号(通巻72)新連載48p/「きさまに地獄を見せる男だ!!」まで。
    表紙
    ピンナップ
    (→少年キャプテンコミックス1巻表紙絵)

    今月のご意見「'90年いちばん幸福だったこと」
    思いっきり、しゃぶしゃぶを食べたこと。私のアシスタントの中には、見たことも、食べたこともないやつがおるんだ。

    ×1991(平3) 3月号(通巻73)
    ○1991(平3) 4月号(通巻74)48p「生まれてはじめてだあああ〜」まで。
    表紙
    特集
    「2大ビジュアル大特集!! 強殖装甲ガイバーVS.ゲッターロボ號」4色4p

    今月のご意見「ぼくの好きな先生」
    私の先生は永井豪です。
    ×1991(平3) 5月号(通巻75)48p
    ○1991(平3) 6月号(通巻76)48p「よしひさしぶりにドンピシャのタイミングだ!!」まで。
     今月のご意見「いま一番行きたい所」宇宙の果てにいってみたい。
    ○1991(平3) 7月号(通巻77)48p/ゲッター翔のドリルから「アラスカ戦線だあ〜!!」まで。
     今月のご意見「映画・この1本!」『7人の侍』。(その他となるとギーガーの大ファンなので、エイリアン、エイリアン2も大変お気に入りである)
    ○1991(平3) 8月号(通巻78)48p/第1章アラスカ戦線「日本の飛行機が〜!!」まで。
     今月のご意見「かっこいい!!」あの歳で映画を撮り続ける黒澤明監督がカッコイイと思う。
    ○1991(平3) 9月号(通巻79)48p/第1章アラスカ戦線「こりゃなおすのに時間がかかるでー」まで。
     今月のご意見「目からウロコ」映画「羊たちの沈黙」を見た時!!
    ×1991(平3)10月号(通巻80)
    ○1991(平3)11月号(通巻81)48p/第1章アラスカ戦線「なんだ ダムか!? なんだ!?」まで。
    表紙(→少年キャプテンコミックス2巻表紙絵)

    今月のご意見「ヒヤッ!!としたこと」
    ひょんなコトから入院した。あの痛みにたいえられないためだ。そう、JIの手術台に乗る前、一瞬ヒヤッ!!
    ○1991(平3)12月号(通巻82)49p/第1章アラスカ戦線「俺の力をみせなきゃならねえか〜」まで。
    扉4色(→少年キャプテンコミックス3巻表紙絵)

    今月のご意見「いま、コレに夢中!!」
    仕事。ホントだぞ!!
    ○1992(平4) 1月号(通巻83)48p/第1章アラスカ戦線 號がビィートT23発進させ「ああああ」まで。表紙一部(前号の流用)
     今月のご意見「君にすすめるこの一冊」司馬遼太郎著「竜馬がゆく」。いいから黙って読め!
    ○1992(平4) 2月号(通巻84)48p/第1章アラスカ戦線「クジラに似た巨大な飛行物だ」まで。
     今月のご意見「'92年 私の大予想」世界大戦&人類滅亡だあ〜!
    ○1992(平4) 3月号(通巻85)60p/第1章アラスカ戦線 シュワルツのピンチに間に合ったゲッター「オオ」まで。
     コメント「お正月は昼から大宴会!お酒をのみ過ぎて、もうプクプク。さあ、やせるために仕事仕事。」
    ○1992(平4) 4月号(通巻86)48p/第1章アラスカ戦線「できるさ 死ぬかくごがあれば」まで。
     コメント「新車を買った!!ソアラを下取りにしてRVもどきを。しかし、まだ納車されてないので乗っていない。」
    ○1992(平4) 5月号(通巻87)50p/「成仏させてやれ〜!!」信一がゲッターの後ろをとるところまで。
     コメント「トヨタのハイラックスサーフを購入。でも車庫に入らずいまだに雨ざらしでえる。天井の低さを忘れてた…。」

    ×1992(平4) 6月号
    ×1992(平4) 7月号
    ○1992(平4) 8月号(通巻90)48p/荒れ果てた早乙女研究所から「敵がくる」まで。
     コメント「海釣りにいった。船酔いでダウン。しかし、クーラーには一杯のイサキが…。」
    ○1992(平4) 9月号(通巻91)48p/流竜馬を「力づくでも連れてこいと命令されてるんだ」まで。
     コメント「高性能でコンパクトな望遠鏡を買った!ビックカメラで半額だったので、思わず手が出た。楽しんでます。」
    ○1992(平4)10月号(通巻92)48p/「誰が動かしているんだ!?」まで。
     コメント「原稿が上がった後は夏休み。日本海に行ってみたいケド、9月に引っ越しもあるし、今考えているところです。」
    ○1992(平4)11月号(通巻93)48p/「きさま地球を滅ぼすつもりかあ」まで。」
     コメント「引っ越しをした。暑い最中、本やテープがでてくるわ、でてくるわでもう大変。右腕に疲れが残ってしまった。」
    ×1992(平4)12月号
    ○1993(平5) 1月号(通巻95)40p/無残ランドウ「ジャテーゴ元年じゃ!!」まで。
     コメント「新居の新築工事が着々と進行。今月はついに2階が上がりました。完成が楽しみです。」
    ×1993(平5) 2月号
    ○1993(平5) 3月号(通巻97)40p/「シベリア戦線のド真ん中だぁ〜!!」まで。
    表紙(本イラストでのテレカプレゼントあり)

    コメント
    「暮れから正月にかけて飲みっぱなしの日々が続き、酒気を抜くのに一苦労。さて、クライマックスに全力投球だ!!」
    ×1993(平5) 4月号
    ×1993(平5) 5月号 最終話 石川賢インタビュー

    ○1994(平6) 4月号「とりみきの半径5mオキラク対談コーナー TALKへ行きたい 3rd TRIP Tourist永井豪」3p
    ●豪先生のファンと公言するとり氏が、自身の作品「るんるんカンパニー」でポリ吉を出していたり、デビルマン最終回からSFを実感した過去をうれしそうに語られてます。また冷奴の意義、デビルマンの世界が不動明=日本、飛鳥了=アメリカの構図で現実にならないか、そして豪先生のオカルト体験など盛りだくさんの対談です。写真はお二人の握手が1枚、イラストはとり氏による「豪先生+冷奴」1点があり。

  • 徳間書店月刊コミックバンバン増刊 BiGゴルフコミック」(隔月刊行)
    ピンクのグリーン(全冊所有/全2話)1985(S60)5月号,7月号 →単行本「ハレンチゴルファー十べえ」に初収録
    ○1985(昭60) 5月号 創刊号
    石川賢「仁義なきコンペ」28p/ドスをクラブに持ちかえて人斬り竜二がのりこんだ初のコンペで仰天騒動!!
    高島茂「名物ホール攻略」(原案:石川賢)16p/栃木県皐月ゴルフ倶楽部、神奈川県レイクウッドゴルフクラブの紹介。
     ※目次では「名物ロングホール攻略」と表記あり。
    石森章太郎「どっこいショット」10p/マンガ家の腕前スッパぬきゴルフ絵ッセイ!!
    村祭まこと「ナイスショットアッコ」さわやかOLのルンルンショット!!
    永井豪「ピンクのグリーン ヌード・デスマッチの巻」オール2色4p/美少女プロゴルファー ジュリー・ピンクがストリップ・マッチプレー!
    ほかには望月三起也、古谷三敏、芳谷圭児、政岡としや、前川K三。
    ○1985(昭60) 7月号 創刊2号
    石川賢「名物ホール攻略」8p/伊豆にらやまカントリークラブの紹介。
     ※目次では「名物ロングホール攻略」と表記あり。
    石森章太郎「どっこいショット」8p/ゴルフ13の巻
    村祭まこと「ナイスショットアッコ」16p/アッチを立てればコッチが立たず…の巻
    永井豪「ピンクのグリーン バージン・デスマッチの巻」オール2色4p/ピンクちゃんが16年守ってきた処女をかけてマッチプレー!
    ほかには望月三起也、武本サブロー、古谷三敏、芳谷圭児、政岡としや、高橋わたる、前川K三。

  • 朝日ソノラマ「月刊マンガ少年」2冊所有
    ○1977(昭52)12月号「超人間現わる」読み切り掲載
    収録単行本
    永井豪SF傑作集(KCマガジン)3巻(1978)
    バイオレンスジャック(KCスペシャル)6巻(1985)
    ○1978(昭53)9月号「炎魔地獄」読み切り掲載
    収録単行本
    超少女UFO(SUN COMICS)1巻(1984)
    ドロロンえん魔くん(SUN WIDE COMICS)2巻(1985)
    ドロロンえん魔くん(ゴマコミックス)2巻(2006)

  • 朝日ソノラマ「獅子王」24冊所有
    豪・GO・シアター(全冊所有/全23回)1985(昭60)初夏(創刊)号〜1988(昭63)2月号
    (2月号に終了告知なし‥‥3月号未確認です)
    ○1985(昭60)初夏号(創刊号)「禁断の砂の猿の惑星」
    ○1985(昭60)初秋号(通巻No.2)「エロチック電気が走らない‥‥」
    ○1986(昭61)初冬号(通巻No.3)「香港映画に驚いた‥‥」
    ○1986(昭61)初春号(通巻No.4)BEST or WORST MOVIE「吸血鬼がいっぱい」、イラストギャラリー「デビルマンvsシレーヌ」2p4色
    ○1986(昭61)初夏号(通巻No.5)BEST or WORST MOVIE「ゾンビだらけだぜ」(2回目の夏号なんだけど‥‥)
    ↓月刊化第1号 この回からタイトルが「豪・GOシアター」に。
    ○1986(昭61)9月号(通巻No.6)「僕と『ク・ロ・サ・ワ』ムービー」
    ○1986(昭61)10月号(通巻No.7)「俺とエイリアン」
    ○1986(昭61)11月号(通巻No.8)「東洋の神秘だぜ」
    ○1986(昭61)12月号(通巻No.9)「モノクロはオモクロイ」
    ○1987(昭62) 1月号(通巻No.10)「ハリウッドの男達」
    ○1987(昭62) 2月号(通巻No.11)「がんばれ悪党」
    ○1987(昭62) 3月号(通巻No.12)「不思議の国の少女達」
    ○1987(昭62) 4月号(通巻No.13)「アメリカン・シネマ・ナウ」
    ○1987(昭62) 5月号(通巻No.14)「密室劇の天才シドニー・ルメット」
    ○1987(昭62) 6月号(通巻No.15)「オーストラリアリズム」
    ○1987(昭62) 7月号(通巻No.16)「戦争に行った夜」
    ○1987(昭62) 8月号(通巻No.17)「ノスタルジ代」
    ○1987(昭62) 9月号(通巻No.18)「マイ・アニメモリー」デビルマン登場
    ○1987(昭62)10月号(通巻No.19)「デビジェル・ハート」
    ○1987(昭62)11月号(通巻No.20)「ファンタスティックランド」オモライくん登場
    ○1987(昭62)12月号(通巻No.21)「お祭り・ワッショイ!」
    ○1988(昭63) 1月号(通巻No.22)「あれこれシアター」
    ○1988(昭63) 2月号(通巻No.23)「ヒーロー考現学」007と帝都物語。最終回?
    獅子王ラウンジ 来年1月の2週間、スイスの山奥の「アボリアッツ・ファンタスティック映画祭」へ審査員として行くぞ!でもそのために超過密スケジュールでお正月もないのじゃ!ヒェ〜〜。
    ○1988(昭63) 5月号 豪・GOシアター臨時増刊「第16回アボリアッツ 国際ファンタスティック映画祭スペシャル・レポート」7p


  • 朝日ソノラマ「宇宙船」3冊所有
    ○1980(昭55)秋号(通算Vol.4)「特集:新作特撮Xボンバー」全10p(カラー5p)
    ○1989(H1) 6月号(通算Vol.48)万国映像ロボット博'89(テレビロボット特集,ブリキおもちゃ特集など)
       ビデオ「鬼餓」紹介(イラスト・絵コンテ・写真)→『永井豪のこわいゾ〜ン怪鬼』
    ○1989(平1)夏号(通算Vol.49)特集『永井豪のこわいゾ〜ン怪鬼』カラー2p

  • フォーライフ社「フォーライフ」1冊所有
    ○1976(S51)秋号(11/1)「シャーヤッコ・ホームズ 井上イン水殺人事件」 未収録!
  • リットーミュージック「AViC ビデオマガジン・アビック2冊所有
    ○1986(S61)7月号「永井豪の一生仕事バイオレンスジャック」4色2p/ジャックのアニメ化インタビュー
    ×1986(S61)9月号「その後のヒゲゴジラ」未収録
    ○1988(S63)4月号「第16回アボリアッツ国際ファンタ映画祭」4色7p/うち1p永井豪インタビューあり。

  • 中央公論社「小説中公」1冊所有
    ○1993(H5)1月号(通算Vol.1)創刊号「酒天童子異聞 闇の宴」16p/巻頭12pは短編「鬼ごっこ」を含む。
    ×1993(H5)2月号(通算Vol.2)「鬼婚式」
    ×1993(H5)3月号(通算Vol.3)「鬼婚式」
     →「鬼ごっこ」、「鬼婚式」は本連載に含まれるが、単行本化に際し除外される。

  • 「面白半分 half serious」‥‥筒井康隆編集の月刊小説雑誌。
    鬼の首風雲録(7冊所有/全7話) 1977(昭52) 7月号〜1978(昭53) 1月号
    (文/永井豪,イラスト/小野エントツ,タイトルは筒井康隆作品「馬の首風雲録」のパロディ)
    ○1977(昭52) 7月号(通巻76)第1回2p/怪奇現象連載エッセイ!下呂温泉のストリップで突発性インポになった豪ちゃん‥‥!
    ○1977(昭52) 8月号(通巻77)第2回2p/真っ赤な血のように見える傷が‥‥
    ○1977(昭52) 9月号(通巻78)第3回2p/もう悪霊にとり憑かれてしまった
    ○1977(昭52)10月号(通巻79)第4回2p/除霊が始まった。ご本尊の前にフィルムを
    ○1977(昭52)11月号(通巻80)新宿篇第1回2p/新宿篇スタート!幽、幽霊だ!!
    ○1977(昭52)12月号(通巻81)新宿篇第2回2p/声にならない声を出してぼくは叫んだ。
    ○1978(昭53) 1月号(通巻82)新宿篇第3回2p/いよいよ最終回。悪霊に取り付かれた“ぼく”の運命は如何に

  • 「話の特集」
    ○1975(昭50) 6月号(通巻113)永井豪エッセイ「大ベテラン編集者のこと」3p(イラストなし)

  • セルフ出版「月刊ウイークエンドスーパー」‥‥創刊1977年7月号
    ○1980(昭55) 1月号 ご近所インタビュー3「高田馬場より愛をこめて」永井豪氏 1p/幽霊も生まれかわりも信じてる。何度も経験したから
    幽体離脱の経験談。
    青いモヤがかかった幽霊。
    心の中で“うるさいから帰れ!”
    って言うと帰って行きますよ。

    ←当時のイカす豪ちゃん!
  • 白夜書房「月刊映画少年」‥‥創刊1978年12月号
    ×1979(昭54) 1月号(創刊2号)永井豪インタビュー「アイディアにつまるってことはないですね。」
  • 蒼竜社「Eiga Guide 映画ガイド」
    ×1985(S60)9月号 カラー特集「超能力少女バラバンバ」

  • 集英社「すばる」‥‥1970年6月に創刊された文芸誌。
    ○1988(昭63) 7月特大号 フォーラムすばる 「町の顔――屋上」に5人が寄稿。
    「天国に近い陽だまり」2p/豪ちゃんの高校生活を綴ったエッセイ。豪ちゃんの他にはドイツ文学者・池内紀,美術家・土井上博智,劇作家・大橋泰彦,作家・佐藤泰志。


  • 集英社「コバルト」‥‥1982年夏号で創刊された文芸誌。現在「Cobalt」の表記。
    ×1983(昭58)冬号「練馬大混乱!!」籠っちによるとこの挿絵がニャンコ初登場だそうだ!

  • 小学館「月刊 本の窓」‥‥1978年に季刊で創刊された月刊文芸誌。
    ×1995(H7)3・4月合併号「連載/コミックヒーロー誕生 第9回永井豪」インタビュー

  • 集英社「ジョーカー」‥‥“漫画と男の娯楽”のための雑誌として月2回の発行で1969年創刊(〜年内休刊)。当時の価格は¥100。
    猛烈デタラメ漫画シリーズ(4冊所有/全7話)
    ○1969(昭44)#1(5/09)猛烈デタラメ漫画「ゴジラがゆく」7p創刊号
    ×1969(昭44)#2(5/23)猛烈デタラメ漫画2「鬼刑事がゆく」
    ×1969(昭44)#3(6/13)猛烈デタラメ漫画3「女賭博師がゆく」
    ○1969(昭44)#4(6/27)猛烈デタラメ漫画4「痴漢がゆく」8p
    ×1969(昭44)#5(7/04)猛烈デタラメ漫画5「雑兵がゆく」
    ○1969(昭44)#6(7/25)猛烈デタラメ漫画6「お医者さんがゆく」
    ○1969(昭44)#7(8/08)猛烈デタラメ漫画7「忍がゆく」

  • 早川書房「S-Fマガジン」‥‥1959年(昭和34年)12月に創刊された日本初のSF雑誌。
    ○1970(昭45)11月臨時増刊号「スペース・オペラ・パロディ キャプテンパースト」16p
    キャプテンフューチャー(未来)のなれの果てが,
    キャプテンパースト(過去)だ!これが初出雑誌。

    収録単行本
     ●永井豪SF傑作集 KC5巻(講談社)1978
     ●新デビルマン KCS(講談社)1987
     ●永井豪漫画大全集 2巻(大陸書房)1987
     ●永井豪自選集 ナンセンスSF編(朝日ソノラマ)1992
    ×1988(昭63) 3月号(通巻363号) 「アルフレッド・ベスター追悼」永井豪寄稿。
    ×1989(平1) 4月号(通巻376号)「追悼:手塚治虫」筒井康隆、星新一、藤子・F・不二雄、永井豪、萩尾望都他寄稿。

  • 奇想天外社「別冊奇想天外NO.5 SFマンガ大全集」単行本未収録作品特集。
    ○1978(昭53)7/10号「スペース・オペラ・パロディ キャプテンパースト」16p/内容は初出のS-Fマガジン(早川書房)と全く同じ。

  • ツルモトルーム「スターログ」
    ×1979(昭54) 2月号(日本版NO.4)「Battlestar GALACTICA 空中戦の迫力はスター・ウォーズ以上だ!」竹宮恵子との対談。
    ○1980(昭55) 2月号(日本版NO.16)「新春ビッグ4インタビュー」豪ちゃんは山田正紀とデビルマンについて4p。
    ×1980(昭55) 6月号(日本版NO.20)「宇宙映画の復活“サターン3”永井豪」
    ○1980(昭55) 9月号(日本版NO.23)「NASAで何が起こっているか?GOちゃんの突撃ルポ」豪ちゃんのではないイラスト3点,写真2点あり。

  • 光文社「ポップコーン」1980年4月創刊(隔月刊)〜1981年2月(創刊6号)で休刊→ジャストコミックに継承。
    ○1980(昭55) 4月創刊号 VOL.1
    アメコミと日本マンガの合併雑誌として創刊された。連載されてたのは,「ななこSOS」「シンデレラボーイ(モンキーパンチ)」「最後の暴走族(風忍)」ほか,大友克洋・赤塚不二夫など。復刻掲載されたのは藤子不二雄の「ロケットボーイ」だ。
    特集「80年代のヒーロー」
    「激動と転換の時代といわれる80年代──いかなるヒーローが誕生すのものか?8人の一流マンガ家が描いた80年代のヒーローたち!」ということで,手塚治虫・吾妻ひでお・青池保子・横山光輝・赤塚不二夫・モンキーパンチ・石森章太郎‥‥そして永井豪,それぞれのヒーロー像が描かれた。
    「日本のスーパーヒーロー」(永井豪)「80年代のニューヒーローといっても,すぐには出てこない。正直いって,わからないというほかはない。ぼくは,自分のつくりだした主人公に啓発されながら物語をつくるので自分自身がのれるかどうかで決まってしまう。好きなものというと,スーパーなものに憧れる。今,スーパーヒーローはアメコミの独占物の観があるが,日本にだって存在しても悪くはあるまい。80年代は,ひとつスーパーヒーローをつくりだしてみるとするか。」

  • 光文社「ジャストコミック」1981年5月1日創刊〜1985年12月5日休刊。
    ×1982(昭57)2月号「女子プロレス2100年」
    収録コミック
    「ぼくたちドーテー隊」(徳間書店)1985
    「永井豪漫画全集 第3巻」(大陸書房)1987
    「マシンガン刑事さぶ」 (大都社) 1989
    「永井豪 エッチまんがセレクションG」(リイド社)2004

    ○1983(昭58)5月号「恋の痛みは超特急」24p/必殺ハードラブコメ!愛とは喜び、愛とは苦しみ、愛とは痛み‥‥。
    ケガで療養中の永井先生が傷の痛みをのりこえて熱筆をふるう読切りラブコミック!
    JC創刊2周年記念
    漫画家サイン入り色紙大プレゼント
    14人の漫画家が各5枚合計70枚!

    目次イラストも流用じゃなく描きおろし!
    HELLO!! J.C.BOYS 去年の11月に交通事故に遭って左足のスネを骨折。ギプスはとれたんだけど、骨のところにスチールの芯がうまっている。おかげで大好きなサウナに入れず、ウェーン。<豪>
    収録コミック「永井豪漫画全集 第3巻」(大陸書房)1987

  • ダイヤモンド社「BOX」
    ×1981(昭56)12月号 特集「情報大そうじ」にて記事「永井豪のビデオ」あり。


  • 講談社「ショートショートランド」1981年春号創刊〜1985年6月号終刊。
    ○1982(昭57) 夏号(創刊3号)「時すべり少女」3p

    16歳の清純な乙女のナイショの趣味はランジェリー。どぎつい下品な下着をつけることに快感を感じてしまうのだった。さてさて夜中に親の目を忍んで,下着をつけたその時,少女を襲った異変とは‥‥!? イラストありの2ページ強の永井豪ショートショート!

  • 潮書房「丸」1948年2月に聨合プレス社より創刊された月刊軍事雑誌。1954年からは潮書房が出版。
    ○1982(昭57) 5月号「ぼくの『のらくろ』」第4回4p/豪ちゃんがのらくろの世界に迷い込んだ!?
    COMENT 第一線のマンガ家による『のらくろ』パロディの名物企画。第4回を豪ちゃんが担当してるけど絵はおそらく小山田つとむ。


  • JICC出版局「宝島」1974年6月創刊〜2015年8月(10月号)休刊。
    ○1985(昭60)5月号「特集 '70年代ワンダーランド TALK BACK '70」表紙:戸川純
    「ハレンチ学園」は教育をダメしたように言われたけど、来たるべき時代の要請が僕に描かせたんだ。永井豪(豪ちゃんの顔写真1点) 1p
  • JICC出版局「週刊少年宝島」1986年12月創刊〜1987年2月休刊。
    ランボーセンセー 
    1986(昭61)#1(12/19)〜1987(昭62)#12(3/6)(全11冊所有)
    ○1986(昭61)#1(12/19)創刊号・新連載・表紙
    ○1986(昭61)#2(12/26)
    ○1987(昭62)#3・4(1/1・1/9)合併号
    ○1987(昭62)#5(1/16)
    ○1987(昭62)#6(1/23)
    ○1987(昭62)#7(1/30)
    ○1987(昭62)#8(2/6)
    ○1987(昭62)#9(2/13)
    ○1987(昭62)#10(2/20)
    ○1987(昭62)#11(2/27)表紙
    ○1987(昭62)#12(3/6)休刊号

  • 大陸書房「ホラーハウス」1冊所有
    ○1986(昭61)第2号(11/6)怪奇名作劇場「ふりむいた私」26p/1973年21号少年マガジンに“霧の扉”で発表された作品。


  • 技術評論社「AVクリップ」1冊所有
    ○1987(昭62)8月号(No.1創刊号)「いいもの見ようよ『エル・トポ』」5p
    アレハンドロ・ホドロフスキー監督作品、伝説のカルトムービー『エル・トポ』(1970年)。1986年の東京国際ファンタスティック映画祭で15年ぶりに公開され、日本でのカルトムービーの夜明けをを準備したといえる話題作を、永井豪と川又千秋が語り合う!

  • プリンツ21「プリンツ21」(創刊1990年)1冊所有
    ○2007(H19)冬号(通巻85号)特集 水野晴郎「先生の映画を愛する姿勢が好きです。永井豪」1p

  • 竹書房「コミックガンマ」創刊は1992年(季刊)、1996年6月号で廃刊。
    ×1996(平8)No.32「ネオ・デビルマン」萩原玲二<求む!>
    ○1996(平8)No.33「ネオ・デビルマン」岩明均
    ○1996(平8)No.34「ネオ・デビルマン」石川賢
     →そして‥‥企画は受け継がれモーニング新マグナム増刊へ!

  • メディアファクトリー「コミックアルファ」1998年3月7日創刊(7日・22日発売)〜1999年休刊。
    スペースフェアリー・ASTRA(全4冊所有)
    ○1998(平10)No.1(4/7)創刊号・巻頭4色第1話「HELLO EARTH」28p/種子水を求めるアストラの最初のターゲットはロックシンガー。
    「Making of ASTRA」4pにてジェリー・ロビンソンとの対談あり。
    ○1998(平10)No.2(4/22)第2話「燃えろ!!ホスト魂」20p/第2のターゲットはホスト。
    ○1998(平10)No.3(5/7)第3話「ハマンの大魔珍」20p/第3のターゲットは野球選手。
    ○1998(平10)No.4(5/22)第4話「恋を教えて」20p/第4のターゲットは電気工。
    →突如廃刊のため連載中断となりました。同タイトルの作品は1999年8月コミック化されましたが絵は田中正仁さんです。


  • 実業之日本社「週刊漫画サンデー」1959年8月11日創刊〜2013年3月5日号休刊。
    ○1970(S45) 9/12号「三四郎」15p/ゆりちゃんとパンツを間違えて…イン○○タムシ!?
    ×1989(H1) 1/3号「バブルエンジェル」
    ×1995(H7)12/5号「平成ハレンチ学園」
    ×1995(H7)12/12号「平成ハレンチ学園」
    →もうひとつの「平成ハレンチ学園」は週刊漫画ゴラク(日本文芸社)1994(H6)5/13,8/26号

    「戦 群」2000(H12)5/9号〜2001年8/21・28号)→別ページにまとめてます


  • 実業之日本社「コミック伝説マガジン」2001年創刊〜2002年休刊。
    ○2001(平13) No.1(週刊漫画サンデー7/9増刊)「オモライくん2001」20p
    “すべての漫画読み、必見!! あの愛くるしいおぼっちゃまが世紀を超えてさらにパワーアップなのだ!! ”
    少なくとも人物はすべて豪ちゃんのペンで全編描かれており,ヴィンテージ漫画館調の絵がうれしい!カラスとのゴミ争奪戦,ホームレスなど現在の社会問題も加味し,乞食を考察する。校長先生になった冷奴はあいかわらずオチに使われている。不動明,飛鳥了,ハニーちゃんがゲスト通行人で登場。

  • 講談社「ホットドッグ・プレス HOT-DOG PRESS」1979/5/23創刊(10日・25日発売)、2004年12月休刊。
    ×1991(H3)1/25 永井豪インタビュー「バンカー・パレス・ホテル」

    イラスト「ト−クバトル 異論な反論」1994(H6)2/10 (#329)〜8/10 (#341)(全冊所有/全13冊)
    ○1994(H6)2/10 (#329)新連載 未成年犯罪者を保護する「少年法」は必要なのか?(デビルマン
    ○1994(H6)2/25 (#330)小選挙区制導入はなぜ政治改革になるのだろう(けっこう仮面
    ○1994(H6)3/10 (#331)人気大ピンチの日本プロ野球に未来はあるか?(ハレンチ学園
    ○1994(H6)3/25 (#332)瀕死の与党第一党・社会党の病巣はどこだ?(ドロロンえん魔くん
    ○1994(H6)4/10 (#333)拡大するPKOに自衛隊は派遣されるべきか?(バイオレンスジャック
    ○1994(H6)4/25 (#334)日本を支える偏差値教育、いったい何が問題なのか?(キューティーハニー
    ○1994(H6)5/10 (#335)明るい話はなにもない!? 日本映画に未来はあるのか(豪センセ
    ○1994(H6)5/25 (#336)貿易自由化の波が、日本の農業を破滅させる?(オモライくん
    ○1994(H6)6/10 (#337)組織を変革しなければ日本の会社は全部危ない!?(花平バズーカ2コマ)
    ○1994(H6)6/25 (#338)スキャンダルまみれの松田聖子は今もスター?(イヤハヤ南友2コマ)
    ○1994(H6)7/10 (#339)犯罪大国アメリカはなぜ銃を野放しにするのか(無頼・ザ・キッド2コマ)
    ○1994(H6)7/25 (#340)やらなきゃ倒産?全国で進行する大学改革の嵐!(ガクエン退屈男2コマ)
    ○1994(H6)8/10 (#341)金日成没後の北朝鮮はいったいどこへ行くのか!(マジンガーZ+ゲッターロボ2コマ)最終回


  • マガジンハウス(旧・平凡出版)「an・an ELLE JAPON(アンアン)」1970年3月創刊〜
    ×1970(S45)No.9(7/20)「あなたの理想の女性は?」にて豪先生のコメントとイラスト1点あり。
    ×1971(S46)No.24(3/5)「どこへ行こうかこれから2人」にて豪先生のコメントと顔写真1点あり。

  • マガジンハウス「ブルータス BRUTUS」1980年5月創刊〜
    ○2003(H15) 2/15(通巻518)号 表紙+描き下ろしマンガ「美女と野獣」10p(オール4色)
     限りなくワイルドなクルマ特集『BORN TO BE WILD 〜美女は、野獣なクルマがだ〜い好き!』の1企画として豪ちゃんの描き下ろしマンガ「美女と野獣」が掲載されました。
    STORY ミキ ちゃんを乗せてエコカー(車名が「エコエコアザラシ」というオープンカー)で安全に走る不動明。それを脇目にドライブ仲間のシレーヌ「キャデラック シエン」,カイム「マツダ RX−8」,飛鳥了「ポルシェ カレラGT」があっという間に抜き去っていく。おとなしい明にミキは少々物足りなさを感じる‥‥。そこへ現れた地獄の刑務所囚人暴走団ヘルズ・プリズナー(直次郎やヒゲゴジラ,丸ゴシ,ドス六がゲスト参加)。ミキ ちゃんを襲うヤツらに,眠っていた明の野獣(=デビルマン)が目覚める!蹴散らした明のクルマはガルウィングの「メルセデス・ベンツ SLR」に変身していた。そこで明の決めゼリフ「ミキ!君の為ならいつでも野獣になってやる!」

  • アスキー「週刊ファミコン通信」1986(S61)6/20創刊→1991(H3)7/26(no.135)より週刊誌化→1996年より「週刊ファミ通」に改称。
    アニマード(9冊所有)1991(H3)7/26(#136)〜1992(H4)4/10(#172)
    ○1991(H3)7/26(no.136)新連載 8p/謎のマシンに導かれて、ゲーム少年ジュンはゲームの世界に‥‥!(切り抜き所有)

    ×1991(H3)8/09(no.138)
    ×1991(H3)8/16(no.139)

    ×1991(H3)8/23・30(no.141)

    ×1991(H3)9/20(no.144)
    ×1991(H3)9/27(no.145)
    ×1991(H3)10/11(no.147)
    ×1991(H3)10/18(no.148)
    ×1991(H3)10/25(no.149)
    ×1991(H3)11/01(no.150)

    ○1991(H3)11/8(no.151)8p/浮遊する魔王城へ!!(コミックス117〜124p分)

    ×1991(H3)11/15・22(no.153)
    ○1991(H3)12/6(no.155)8p/やっぱりダンジョン‥‥!?(コミックス141〜148p分)
    ×1991(H3)12/13(no.156)
    ×1991(H3)12/20(no.157)
    ○1991(H3)12/27(no.158)8p/光の迷宮とはなにか!?(コミックス165〜172p分)
    ×1992(H4)1/03(no.159)

    ×1992(H4)1/10・17(no.161)
    ×1992(H4)1/24(no.162)

    ×1992(H4)2/07(no.164)
    ○1992(H4)2/14(no.165)8p/戻った現実はすごいことに!
    ○1992(H4)2/21(no.166)8p/新しいゲームは「ロボイド大戦争」!
    ○1992(H4)2/28(no.167)8p/前線基地ユリシーズからマジガンでいくぜ!

    ○1992(H4)3/13(no.169)8p/マザータワー攻落作戦!(コミックス245〜252p分)

    ○1992(H4)4/10(no.173)最終話8p/ボスキャラ撃破!そして結末は!?

  • ロッキング・オンロッキング・オン増刊号 buzz」1997(H9)3月増刊号で創刊
    buzz junx(全5冊所有)1997(H9)3月(VOL.1)〜11月増刊号(VOL.5)
    ○1997(H9) 3月増刊号(VOL.1)裸美女を掴む蛇モンスター
    ○1997(H9) 5月増刊号(VOL.2)海で裸美女にからみつく蛸モンスター
    ○1997(H9) 7月増刊号(VOL.3)ベッド上で男にまたがる股間モンスター
    ○1997(H9) 9月増刊号(VOL.4)ビル街で6人の裸美女を襲う陰茎モンスター
    ○1997(H9)11月増刊号(VOL.5)牢獄に繋いだ男を襲う白い女体モンスター
    収録本
    「永井豪 世紀末悪魔事典」1999
    小さいですがカラーグラビアで全5作掲載

  • ヨシモトブックス「コミックヨシモト」2007年7月創刊、10月廃刊
    探偵事務所H・G(全7冊所有)2007(H19)7/3〜10/2号 未収録
    ○2007(H19)07/03(創刊号)表紙:チュートリアル※DVD付き
    ○2007(H19)07/17(第2号)表紙:タカアンドトシ※DVD付き
    ○2007(H19)08/07(第3号)表紙:オリエンタルラジオ
    ○2007(H19)08/21(第4号)表紙:島田紳助
    ○2007(H19)09/04(第5号)表紙:麒麟
    ○2007(H19)09/18(第6号)表紙:ムーディ勝山
    ○2007(H19)10/02(第7号最終号)表紙:桂三枝

    ジャンル別に戻る